引越しの苦情

引越しの苦情を未然に防ぐには?

引越しの苦情に関する相談は決して少なくありません。
やはり家具が壊れてしまったり、家の中に傷が付いてしまったということもあります。またパソコンなどを壊されてしまったというような事例もあり、なかなか深刻な問題に発展してしまうことも少なくありません。

 

このような引越しの苦情や、相談というのは、信頼できる会社にお願いをすれば、少なくできますが、それでもミスというのは起こってしまうものです。業者のほうもミスをしてしまうことのデメリットは非常に大きく、しないように注意を払ってくれますが、何かを壊してしまうトラブルが発生してしまうこともあります。

 

引越し業者が苦情を全てのみこんでくれるとは限りませんが、保険に加入している普通の業者なら、全く聞かないというのはまれです。
まずは、万が一の時の保険に加入してる業者か最低限確認をした上で、契約をするようにしましょう。

 

契約内容の確認は意外と重要です。
破損などの届けて期間や、荷物が積みきれない場合の追加料金の有無(普通はこれが起こらないように多めに見積もるようですが^^;)など、確認もせずに契約して事故が起こってしまうということがあれば、正々堂々と苦情を言うことが難しくなってしまう場合もあります。

 

苦情は自分にとっても、業者にとってもメリットがないので、できれば、このような状態にならないのがベストと言えます。
しかし、実際、苦情を言いたくなる事態が起こらないとは限りません。
そのため、業者の口コミ情報は軽くでもチェックしておくといいですね。
当日の引越しの担当スタッフにもよるところなので、100%信頼できるとはいいけれませんが、あまりにも評判が悪いところは避けたほうがいいでしょう。